チャック袋の利用

チャック袋で手作りハム

チャック袋で手作りハム チャック袋は物の収納整理や、食品の小分け、冷凍などにとても重宝するうえ、安価で手軽に使える優れものです。
このチャック袋を使って作ることが出来る料理があります。それは手作りハムです。
ハムを作るには、食材にじっくりゆっくり火を通す必要がありますが、お湯の中に直接入れたり蒸したりする方法では、固くなったり水っぽくなったりと食感がいまいちよくありません。
そこで、このチャック袋を使う方法がおすすめです。チャック袋は耐熱性が高く、沸騰したお湯くらいは大丈夫です。
そこで、ハムにする食材をこの袋に入れ、口をしっかりとしめて空気をしっかり抜いたら、沸騰したお湯に入れます。すこし加熱したらすぐに火を止め、そのまま蓋をして冷えるまで置いておきます。
そうすることでゆっくりと火が通り、肉がかたくなることがありません。水っぽくないので食感もよく、手作りハムとは思えないクオリティの高い仕上がりになります。
鳥の胸肉で作るのがおすすめです。

チャック袋で白玉

チャック袋で白玉 白玉など粉を使ってお団子を作るときは、チャック袋は大変便利に使えます。材料を入れて口をしめ、もむだけで生地ができあがります。
手を汚すこともありませんし、洗い物も少なくて済むのがチャック袋の大きなメリットです。
また、出来た白玉はチャック袋に入れて冷凍保存することができます。ゆでた白玉の表面のぬめりをしっかりと取って、袋の空気のぬいて重ならないように保存するのがコツです。
おだんごは一袋の分量のこともあり、ちょっとだけ作るというのが難しいので、一人では食べきれない量が出来てしまうこともありますが、これなら安心して作れますし、解凍していつでも食べることができます。
解凍の方法は、お湯に入れレンジにかけて加熱します。あとは水にとり粗熱を取ったら出来上がりです。モチモチ感を長く持たせるために、絹ごし豆腐を加えるという方法もあります。
冷えると固くなってしまう性質があるので、冷蔵庫での保管はおすすめできません。

copyright (C) 2016 チャック袋を使いこなそう! all rights reserved.