チャック袋の利用

チャック袋の活用法

チャック袋の活用法 食品を保存するのにとても使い安いチャック袋ですが、使い道はたくさんあるのです。
中身が見えて、おまけに袋自体に強度があり便利な物です。
通常は残った食品を入れたり、使いきれなかった野菜などを入れて保存させておく事が多いですが、中身が見えるという特徴がありますので、小銭入れに使っている人も数多くいます。
仕事での買い物やプライベートでも、小銭を出しやすいというメリットがあるのです。
また領収書などを一緒に入れておけば、後になってからの計算もとても楽に出来るのです。
他の活用法としては、密閉できる特性を生かし、袋内を洗った後に、あまり暑くないお湯を入れて、冷凍庫に入れると氷が早く出来てしまうという裏ワザもあるのです。
チャック袋に熱湯を入れてしまうと穴が開いてしまうので、熱湯は避けて少し暖かいぐらいにとどめないと危険です。
チャックの密閉できる物限定ですので、隙間が空くタイプでは出来ないのです。
活用法はまだたくさんありますので、実用性がとてもあるのです。

チャック袋で出来る事

チャック袋で出来る事 チャック袋は密閉効果が高いものも数多くあるので、食材の湿気を防止出来る、酸化を防止出来ると大変使い勝手がよい袋です。
サイズも豊富で、マチ付きのスタンドタイプもあるので、使用用途に合わせて選ぶこともできます。
チャック袋に入れ替えることで、サイズが統一され、すっきりと収納できますし、またこぼれる心配がありません。
使用実例をいくつかご紹介しましょう。
旅行時の常備薬入れとして活用する方法です。
瓶のままではかさばるので、宿泊分の必要な量だけ名刺サイズくらいのチャック袋に入れて化粧ポーチに入れておくとよいでしょう。
平たく持っていけるので、コンパクトですし、衛生的です。
はがきサイズのチャック袋は、旅行時の液体化粧品の液だれ防止としても活用してもよいでしょう。
気圧の関係で液体が漏れたとき、袋がカバーの役目も果たし、他の物を汚す心配がありません。
またアウトドア時の調味料入れとしても重宝します。
キャンプは旅行と同様に荷物を少なくまとめたいものです。
顆粒の調味料を袋に入れ替えれば、場所を取りません。
スパイスを何種類も必要な時も、小分けに持っていくことができ、マチ付きの物を使用すれば、スタンドの状態で置くこともできるので、調理をするときも便利です。
それからねじなどの細々したものの収納する時にも大活躍します。
ねじのサイズ別に分別して袋に入れておけば、必要なサイズをすく出せます。
袋の開閉も楽々です。

copyright (C) 2016 チャック袋を使いこなそう! all rights reserved.