チャック袋の利用

チャック袋でスペアリブ

チャック袋でスペアリブ チャック袋は色々な活用方法があります。
その中でもあまり思いつかない意外な使い方として、スペアリブを作るときに使う事が出来ます。
作るときには、肉自体に調味料を染み込ませる事がおいしく作るコツで、調味料を軽く振っただけでは、味が薄くなってしまう事にもなります。
塗り込むためには、肉自体に手で擦り込むようにするのがおいしくなる秘訣となりますが、実際にゴシゴシと肉を持って味付けする事も大変になるので、チャック袋に入れてから行うようにすれば手も汚れず、全体に擦り込む事が出来ます。
またその他の液体の調味料に漬け込む時にも、有効活用できるのです。
チャックをしっかりと閉める事により、漏れたりする事もなく下味をしっかりと染み込ませる事ができます。
液体調味料を入れる時には、出来るだけ内部の空気を抜く事が重要で、真空状態に近づける事により、肉自体に調味料がしっかりと吸収されるようになるのです。
出来上がってからの保存にもチャック袋は使えますので、スペアリブを作るときには欠かせない物となります。

チャック袋で漬物

チャック袋で漬物 チャック袋を利用する事で、簡単に漬物を作る事が出来ます。
チャック袋をきちんと閉めれば水漏れする事も無く安心して使う事が出来て、床が水浸しになる事も、匂いが漏れる事も無いのです。
大量に作るときには、あまり向きませんが、数日分を作るときや、浅漬けなどを作りたい時には最適になります。
作り方は、素材を食べやすい適当な大きさにして、漬物の元や浅漬けの元を一緒に入れて、出来るだけ空気を抜くようにしてチャックを閉めるだけで、数時間後には出来上がってしまうのです。
袋の中の空気を出来る限り減らす事で、素材に漬物の元が染み込みおいしく出来上がります。
味を濃くしたい場合には、一日そのまま置いて置くだけで、濃い味の物が出来上がるので、ほとんど手間を掛けずに作り上げる事が出来るのです。
次の朝に食べたい時には、夜に作っておけば、朝には出来上がっているので、袋から出すだけで一品食事のメニューを増やす事が出来て手軽に作れます。

copyright (C) 2016 チャック袋を使いこなそう! all rights reserved.